HOME>アーカイブ>ビルトインコンロのメリット・デメリットと選び方のポイント

ビルトインコンロのメリット・デメリット

ブルとインコンロはお手入れしやすいのがメリットで、自分で設置できないため設置費用がかかるのがデメリットです。

ビルトインコンロの選び方のコツ

ガスの種類が合致するか

家に供給されているガスとコンロのタイプが一致する必要があります。

キッチンに合う天板の素材

天板には色々な素材があり、素材で印象が大きく変わります。

火力の違いがあるかどうか

左右の火力が違うもの、同じものがあるので好みによって選びます。

コンロの数によって選ぶ

2口か3口が主流なので、家族構成によって選ぶと良いでしょう。

搭載された機能によって選ぶ

炊飯機能や麵茹で機能など、欲しい機能に合わせて選べます。

スッキリした設計

男女

賃貸物件の場合、一般的にはガスコンロは元々ついているものではなく、自分で購入しなければいけない場合が多いですが、中にはすでに備え付けられているものもあります。ビルトインコンロの場合には備え付けられていることが多く、キッチンもスッキリとした印象になります。スペースもそんなに多くは取らないので、キッチンも使い勝手がよいように設計出来るというメリットもあります。物件にとって違いがあるのでチェックをしてみるとよいです。

最近の傾向

調理する男性

ビルトインコンロというとどうしてもガスコンロのイメージになりますが、最近ではIH対応のものも多くなってきています。コンロとの隙間もないので汚れにくいというメリットもあります。隙間にゴミなどが入ってしまうと掃除が大変になってしまいますが、ビルトインコンロであれば隙間もないことが多いので、お手入れしやすいということもあります。IH対応であればエコにもなりますし、安全に使うことが出来るということもあります。

使いやすさ

キッチン

ビルトインコンロは使い勝手もよいという、メリットもあります。IH対応のものの場合、初めて使うともなると戸惑うこともあるかもしれませんが、慣れてしまえば使いやすいと感じることが出来るでしょう。使いやすさを追求しているビルトインコンロもあります。

広告募集中