Skip to content →

ドアと光と音とガラスと水

【展覧会情報】

会 名:
「ドアと光と音とガラスと水」

期 間 :
2017年10月7日(土) – 10月22日(日)
open.12:00 ~ 20:00
close.火曜日(10/10 ,10/17)

会 場 :
gallery feel art zero

作家在廊日:
10/7(土),10/8(日)

協力:
Yumiko Chiba Associates

【作家プロフィール】

山本尚志YAMAMOTO HISASHI 書家
1969年広島市生まれ 幼い頃に左利きを右利きに直すために習字塾に通うことになった私は、最初、横棒一本だけを何百回も書かせられる。高校生になり、 中国の古典臨書に親しんだ私は、習字塾で習う字が、ただ一人の字を真似しただけのものだと気づき、退会。1988 年、東京学芸大学の 書道科に進んだ私は、直後に井上有一の作品に触れ、古典臨書をやめる決意をする。自分だけのナマの字を書くことを決め、20 歳の時に自室にて「山本尚志書家宣言」を行い、以来、書家を名乗る。ウナックトウキョウにて井上有一カタログレゾネの仕事に従事した 後、有一から離れる決意を固める。1993 年、広島に戻り学習塾に就職。しかし、1 年半後に倒産の憂き目に遭い、1995 年に学習塾を独立 開業。教室をアトリエにし、制作活動に 10 年間没頭。2004 年に海上雅臣氏に井上有一を顕彰する「 天作会 」の設立を打診され、作品 発表の機会を得る。2015 年にウナックサロンにて初の個展「マシーン」、2016 年には作品集「フネ」(YKG パブリッシング)、個展「flying saucer」(東京・ユミコチバアソシエイツ)、2017 年個展「Speech balloon」(富山・ギャラリー NOW)、個展「バッジとタオル と段ボール(」東京・ビームスジャパン・B ギャラリー)

Published in News

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA